DOGS AND BOOKS

犬を学ぶのが趣味。生物多様性とか科学と仲良しになるお話なども。

マーキングから考える犬のcontinence…エトセトラ…

今週、唯一の晴天、久しぶりのおてんとうさまが有り難い有り難い(*´ω`*)

f:id:tellmore-mom:20210601123623j:plain

 

 

犬と暮らしている方には賛同いただけるでしょうか。

犬のマーキングってすごい。

あんなふうに「ここ!」と思ったところに

チビチビと小分けに出すって

にんげんさまにはちょっとムリなんじゃないかな(+_+)

 

でも犬はできる!

その自制(continence)力といったらハンパない。

 

つまりcontinenceという点でみると、犬はかなりデキルやつ。

犬ならずとも、自然界で生きている動物たちにとっては

排泄って生存や繁殖にかなり直結した重要イベントだったりしますよね。

 

病気でもない限り

いつでも

自分の想い通りの場所で

正確に狙いを定めて

適正量をpeeなのヨ( `ー´)b

 

トイレトレーニングをしていると

失敗が続いて『キーッ<`ヘ´>!』となってしまうこと

ありますけど、相手はまだ子どもちゃん。

それに、ニンゲン的には「失敗」でも

イヌ的には失敗しているなんてサラサラ思わない。

 

「犬用マナーパンツ」って売ってますが

特殊な数少ないケースをのぞいて

そもそもその「マナー」って人間都合なので。

犬にとって本来の排泄のありようとはまるで異次元。

 

人間にとっての「公共の場所」で犬が排泄したら

間違いなく他人に迷惑。

 

でも?

犬にとってその「公共の場所」って

犬らしい暮らしをするために

どうしても不可欠な場所?なの?

 

マナーパンツを履かせても行かなければ犬のQOLが落ちる?

 

人間に同行して人間を助けるのがお仕事の犬なら

それもあるかもしれない。

(お仕事犬はcontinenceを保てる犬が選ばれるのでパンツはいてないけど…(^_^))

 

家庭犬はどう?

 

 

「犬らしさ」と「人間の世界で暮らすこと」は

いつもシーソーのような流動的で微妙なバランスの上にある。

どっちかにガッツリ傾きすぎないように。

というか、犬には選択権なくわが家に来たのだから

できれば、犬の側に少しアドバンテージあげてもオッケーじゃない?

 

マーキングつながりでスタンレー・コレンさんの本からちょっと面白い文章を…

 

honto.jp

 

127頁に犬がマーキングを嗅ぐのを人が新聞を読むのになぞらえて

スタンレー・コレンさんはこんなふうに…

 

もしかすると今朝の新聞はこんなふうかもしれないー「ジジ、ミニチュア・プードルの若いメス。越してきたばかりで交際相手を探しています。去勢済みの方お断り。」あるいは、「頑健な中年のジャーマン・シェパード・ドッグ、ロスコは、彼がボスであること、この街全体が彼の縄張りであることを宣言した。彼は、この主張に異議を唱えたくば、自分の医療保険の払いが滞っていないことを確認すべきである、と述べている。」

 

さらに、著者はこんなふうなことを・・・

人は新聞記事を最後まで読めるのに対して、犬は見出ししか読めないと言います。

なぜなら、たいていは他犬のおしっこを嗅ぐのを嫌がる飼い主から

リードを引っ張られて立ち去らねばならないから。

ひどい時にはお仕置きさえされることがある…と。

 

犬の新聞はさいごまで読ませてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬に教わる雨降りの楽しみ

今朝は昨夜から続いた雨がまだ止まず

雨の朝ん歩。

 

雨に濡れたライラックもなかなかきれい。

f:id:tellmore-mom:20210529020129j:plain

 

テルモは7歳でうちに来たときから

雨でもいつもととくに変わらず散歩してました。

 

だから、かいぬしのほうも雨具はけっこう高機能のものを選んで準備して

そして

『犬と暮らしてる人には、このくらいは雨降ってるとは言わない(*´ω`*)』

なんて感じで、あんまり気にならなくなり。

 

雨の中を犬と歩いていると

いつもと違う匂いに気がつきます。

人間が気づくのだから犬だって当然

晴れた日とは違うにおいを感じ取っているでしょうね。

 

honto.jp

「犬の心へまっしぐら」の90頁にこんなふうに…

 

あるときふいに雨が好きになり始める人もいる。においを感じ、風景の変化を捉え、くぐもった音を耳に聞く。肌に気持ちのよい空気を感じているあいだ、しずくが数滴わずかに顔をかすめる。犬を見ながら、人も雨を楽しむことを容易に覚える。

 

うん。そうそう。

  

テルモ11歳のいまは、さすがにあまりひどい雨だと

玄関から出てもしばし立ち止まって

くるっと振り返ってうちに戻るって日もあります。

かいぬしは楽だけど

『行かないの?』と

少し寂しくもある雨降りの日…

 

 

暮らしはオーダーメイドだから

こないだ、テルモがお水の入った食器をくわえてひっくり返したことがありました。

 

「あれ?どうしたの(*'▽')?」

と言いながら床を拭いて新しいお水を入れました。

 

11歳になるテルモは今までそんなことしたことないので

『なんだったんだろうな~?』

と思いつつ、晩ごはんもまだだったから

『おなかへって知らせに来たのかな?』

ぐらいに思って夕散歩に出かけました。

 

帰ってきて、いつものようにごはんあげようと

テルモの食器を洗っていたら

食器の裏にフードがひとつぶ貼りついてる。

 

ああ!これだ!

 

犬の鼻が食器の下から漂うおいしいにおいを見逃す(嗅ぎ逃す)わけない。

それで、食器をくわえてひっくり返していたんだー。

 

「ああ、テルさん、これを探してたんだね(^^)!ごめんよ、気がつかなくて。」

 

f:id:tellmore-mom:20210525004936j:plain

朝ん歩で見つけた真っ白なライラック



3年前の動画ですけど、むしゃむしゃ食べるテルモ

う~~ん、いい子だいい子だ(´▽`)

youtu.be

 

毎日毎食、「おいしいねえ。」「いい子だね。」が自然と口をついて出てきます。

 

「いい子だね。」の言葉と「食べ物」が同時だから

厳密には、古典的条件づけとしては効率が良くないのかな。

 

それでも毎日だと、言葉と食べ物がセットになって

「いい子だね。」と聞くとワクワクしてるんじゃないかな。

 

暮らしって実験室の中とは違うので

厳密さよりも

毎日犬にも人にもムリなく

続けられる。

楽しかったり安心できるから

知らないうちに習慣になる。

 

それでいいんじゃないのかな。

ちいさなことでも日々積み重なれば必ずいつか実る。

それって、かいぬしだからこそできるやり方。

毎日の暮らしに「一発で効くウラワザ」なんて要らない。

逆にそういうのはちょっと疑ってかかってます(;^ω^)

 

理屈は大事。

その理屈を毎日の暮らしに活かせたらすごくいい。

でも、暮らしはみんなひとりひとり違うから

どうやって活かすかは

かいぬしにしかオーダーメイドできないものね。

 

なぜリードをつけるのか?

「なぜ犬にリードをつけるの?」

何度も考えているけどまた考えました。

 

日本ではルールとして

「リードはつけねばならないもの」です。

 

 

なら、ヨーロッパのどこかの国みたいにノーリードもOKだったら?

 

私はどうするだろう?

 

たぶん。つけない。かな。

歯切れわるし…(-"-)

ちょっと自信ない。

 

車が来る道路にふいに飛び出してしまったら?

 

リードなしでもテルモを守れるだろうか???

人や犬、ほかのどなたかに迷惑かけないために

ということも巡り巡ってテルモを守ること。

 

怖がる犬がいたら無闇に近づかないとか

たとえフレンドリーのしるしだとしても

杖や足の悪いお年寄りや小さなお子ちゃまなどには

体当たりしていかないとか

狭い道路で誰かとすれ違うときは

犬嫌いな場合も考えてできるだけ距離をとるか

端っこでいったん止まってる間に通ってもらうとか

いろんな場面が想定できるし実際に日ごろからあるけど。

 

そんなとき、リードがなくても

テルモに声かけながら一緒に適切な行動ができるなら

リードはいらない…かな

 

そのためには、声かけたら

『はいよ~。』と受け入れてもらえること

なんなら、私の動きを見て同じように動いてくれるならそれでOK。

そういう間柄であること

それがたいせつ

リードがあろうとなかろうと

 

この人の言うことなら受け入れる

この人の真似したい

 それってどんな人かな?

たとえば、私ならマザーテレサ

そこにあるのは信頼とリスペクト。

 

犬だって同じじゃないのかなあ。

 

だからそういう間柄であればリードはいらない(かもしれない^^;)

でも、そうは言っても完全ってことはないので

まんまんがいちに備えてリードを。

 

f:id:tellmore-mom:20210521223735j:plain

今日の散歩道の花たち

 リードは犬を守るため。

リードをつけて嫌なこと痛いことばかりしてたら

それやってる人を嫌いになるにちがいない。

 

honto.jp

 

2020年11月に発刊されたナショジオの別冊。

その37頁にこんなことが書かれている…

 

イヌには人のあくびが伝染するのだそうだ。

オオカミもオオカミどうしなら伝染するが人のあくびは伝染しない。

この稀有な同調性は、もちろん何万年の進化のプロセスと家畜化が土台にある。

が、100%生まれながらのものではない。

人間に懐かないイヌがいても、それはそのイヌが生物学的欠陥があるわけでない。

 

そして、次のように続く。

 

むしろ、感受性を養うような育て方をしてこなかったことに原因がある。今からでもていねいに面倒を見れば、挽回は可能だろう。

 

犬は潜在的に人への同調性を持っているが、

人がそれを開花させられる環境や経験を準備しなければならないということ。

 

リードは『きみはだいじだヨ。』の気持ちを伝える道具…

乱暴に扱えば、犬の人に同調する感受性は育たないよね。

だって、嫌だし不快だもの。

こんな人に誰が合わせるものかってね。

だから、リードはていねいで親切に。

 

 

『この人とつながっていれば安心。』

そう思ってもらえたらサイコーだね。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

そとの空気を吸わなくちゃね

お散歩でときどき一緒になるゴールデンのミックくん

すっかりなじみのおさんぽ仲間になりました

ミックくんとママ、いつもありがとう。

 

今日もいつもの公園ひとまわりして出て来たところで

「お~~~い!テルモ~~~!」と呼ぶ声。

ふりかえると、ミックとママが走ってくるところ。

「あれぇ~?(公園に)いたの~?(^◇^)」

 

70haほどある公園なので「同じ公園にいた」と言っても

出くわすかどうかは運しだい( *´艸`)

 

ある日、ミックのママとおしゃべりしてたときのこと

 

ペットショップでこんなふうに言われた人がいるんだって。

「小型犬なので散歩しなくても大丈夫。うちの中だけでも十分運動になってます。」

 って…

それ聞いたミックのママ

「いやいや、それはないよねえ。運動だけじゃないもん。犬だってそとの空気をすわなくちゃあ。ねえ!」と。

 

うん、そうだそうだ('ω')ノ

 

近くの公園でライラックがちょっぴり開き始めてました。

 

f:id:tellmore-mom:20210516215944j:plain

 

 

親友のためのとっておきの一冊

親友が本の紹介をしているブログ読んでくれて

「面白そう。私も読んでみる。」と!(^^)!

 

ブログ内で紹介した本も興味深いけど

「いっちばんのおススメを教えて!」ということだったので

よっしゃ!と気合入れて本選びしました。

 

彼女の本業は歴史研究で

今は有名予備校でも授業する人気講師です。

教科書にはない面白いエピソードをたくさん知っているので

きっと授業は楽しいんだろうな♪

そんな彼女なので、古い資料を読んだり文献調査は得意。

ということで、本読み上級者なので

遠慮なく選択肢の幅を広げて…

 

わたしひとりによる( ´艸`)厳選なる審査の結果

とっておきの一冊に選んだのは

honto.jp

 

'CANINE CONFIDENTIAL'っていう原題、なんか好きです。

confidentialは「秘密」っていう意味なんでしょうけど

secretでなくこの語なのがいい感じ。

confidentialには「信用のおける」とか「腹心の」みたいな意味があるらしいので

犬と人との絆に込められた思いを

ちょっとにおわせているのかな~なんて勝手な想像しています。

日本語タイトルは「犬の秘密」だけでは、ちょっと物足りないせいか、

長いタイトルに、これはこれで個性的。

黄色主体の装丁も気に入っています。

 

著者のマーク・ベコフさんは

  • 犬から犬らしさを奪うトレーニングを嫌い
  • 人は犬のもつシステムをもっと学ぶこと
  • 犬にはプラス思考の教育をすること
  • 飼い主こそが犬について学ぶ「市民科学」を推奨し
  • ドッグパークに出向いて実践している人

 

また、犬だけでなくいろいろな動物についても研究しています。

だから動物全般に汎用化できるものの見方や考え方が

随所に見え隠れしているところも奥深い。

 

そして、何より「これは!」と思うところはエビデンスの高さ。

全9章、計337頁からなるこの本には

330件を超える引用文献リストがズラリ。

ここまではだいたいわかってきていてこのような結論が導ける

ということと

これについてはまだ根拠が少ないのでよくわかっていない

ということを謙虚に明快に述べている。

誠意あるその姿勢がそのまま犬への愛に。

 

そこは、どことなくテンプル・グランディンさんとも共通するところがあります。

 

honto.jp

 

ベコフさんは毎日のようにTwitterを通して動物研究やニュースなどについて多くの発信もされています。

 

この本のなかで私が深く心から同意する一文をご紹介します。

 

(犬を教育する)目標は、犬を犬じゃなくするために訓練するのではなく、犬に人間の世界での対応の仕方を教えることだ。(p284)

 

 

昨日書いたブログ↓

 

tellmore-mom.hatenablog.com

体罰をしているプロを許せないのは

非人道的というだけでなく

プロなのに「犬という種を理解していない」こと。

マーク・ベコフさんがこれだけの紙幅を使って

一貫して伝えようとしているメッセージは

「犬は犬だから愛される」ということ。

だから、犬らしさに無理解なことをよしとしません。

 

 

いちかいぬしが、たったこの一冊の本からでも了解できる

そのシンプルなことがプロによって蔑ろにされる

それが、自分の犬ではなくとも許されることではない…

そう思います。

 

 

 

 

それは体罰じゃない?ですか?

残念すぎるYouTube見てテンション駄々下がってしまってます。

 

 

大きな犬にガッツンガッツンこれでもか!

とリードショック入れて

振り向きざまに犬の腹に蹴り入れたり。

しかも「プロ」なのに。

かいぬしさんから見れば「プロ」から奨められたらやってしまう…

 

突進、引っ張り、拾い食いetc…

まあ、ありますよね、犬の散歩のときに。

 

それに対して、ガッツンガッツン。

それ体罰です。

 

http://www.j-aba.jp/data/seimei2014.pdf

 

↑日本行動分析学会が発表している「体罰に反対する声明」。

人間だけじゃないです、動物も体罰してはいけないと。

 

 

えらい人に言われなくても、やりたくないですよ。

だって、にんげんだもの

 

 

行動分析学会の声明文にもありますが

体罰には効果がない

体罰以外の方法がある

 

仮にもプロを名乗るなら、②を勉強してほしい。

それが犬への誠意でしょう?

 

体罰を排して②が出来てこそプロです。

 

この話になると、犬や猫を飼っていない人から

「犬ならこんなもんなんじゃないの?」

と言われたりします。

そうですか?

 

 

ちょっと犬に慣れている人だと

「犬のクビは丈夫だから」とも言います。

 そうですか?

犬も猫も人間も首っていう場所は生命維持に重要な器官があるところじゃないですか?

 だから、必殺仕事人で「かんざしブシュッ」の必殺技があるわけで…(古っ!)

 

『自分のクビに紐つけて自分でガッツンガッツン引っ張ってみたらいかが?』

 

私はやりました。(変態です(笑))

首輪もリードもハーネスも

全部いちどは自分でつけてみてます。(かなりの変態です(笑))

 

リードショックやられたら即腹立ちます!!

やられた相手を反射的にぶん殴ってしまう(やれって言われたからやったのに~~(笑))

 

 

ここだけの話。

もし、犬のことで専門家に相談して次のふたつがあったら、その人はやめたほうがいい。

  • 犬より人間のほうが上にならねば(支配性理論とかアルファ理論とか)。
  • リードショック、リードジャークなど嫌悪刺激でしか指導できない。

 

 

ある犬友さんは、まずトゲトゲついた首輪を買わされたそうです。

でも効果なかったので、次に電気ショック首輪買って来いと言われたそうです。

そこで『これはおかしい!』と思い、その訓練所に行くのをやめました。

もちろんそんな訓練所は論外。

 

愛するワンコを守れるのは私たちかいぬしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今を生きる犬と

そこにいるだけで幸せ。

そこにいるだけでいい子。

 

犬ってそんな存在ですね。

 

だから毎日やっていることがあります。

youtu.be

ただただ名前を呼んでおやつをあげる。

至福のひととき(*´▽`*)

 

親ばか~~(^◇^)

でも犬と暮らすひとならきっとわかっていただけるはず…

 

オスワリさせるでもない。

マテをさせるでもない。

何かをさせて上手くできたからおやつ

ではなくて。

だって、何かができるからテルモが好きなわけじゃない。

いま目の前にいるその命が無条件に愛おしい。

 

 

そんなふうに命を慈しむ気持ちをせいいっぱいこめて

名前を呼んでおやつ。

その瞬間に心の中に湧き上がる温かいものをしみじみかみしめる。

これって犬とともにいる者だけに与えられた幸せな時間。

テルモもきっとそうであってほしいね。

 

そうやって暮らしてこられた犬と家族の方たちの

心温まる短いエッセイがのっています↓

 

www.amazon.co.jp

 

そして、こうしてただただ名前を呼んでおやつをあげることには

ちゃんと理屈があるよと書かれています。

そうとわかったら、もっと嬉しくなる…

 

 

説明がうまい

ひとにも動物にも共通している「行動の法則」についての本です。

www.amazon.co.jp

 

何度読んでも『ああそうだ。』って線を引くところが増えていく。

 

例えが巧みでわかりやすいんです。

 

部分強化された行動と連続強化された行動では

どっちが消去されやすいか?

という説明をするところ。

 

「デートの誘い」を引き合いに出されている(p.131から)。

 

・誘えば必ず応じてくれていたがある時ぱったりと応じてくれなくなった

・誘っても応じたり応じなかったりされて、やがては応じてくれなくなった

 

あなたならどっちが早くデートに誘うのを諦めるか?(^-^;

 

 

誘うのを諦める=行動が消去される

 

 

 

そりゃあ、前者ですよね?

だって後者は『次は来てくれる?かも・・?』と思うもの、また誘っちゃいますよねえ。諦めきれない(笑)

 

前者(誘えば必ず応じてくれる)は「デートに誘う」という行動の連続強化スケジュール

後者(誘っても応じてくれたりくれなかったり)は「デートに誘う」という行動の部分強化スケジュール

 

つまり、部分強化スケジュールで強化された行動は消去しずらいってこと。


デートのたとえ話、大学生に質問すると、みんな意味ありげに笑うんですって。

 

 

杉山先生さすが!

 

 

さて、わがやのお犬さま。

ご主人さま(私^^)が意図せず部分強化してない・・・?

あるんだわねえ・・・

 

たまには、そんな目で日常を見渡してみるのもわるくないです。

 

 

 

 

 

 

もう読まれましたか?

こんにちは。

みなさん、こちらの本もう読まれましたか?

honto.jp

 

いろいろと閉塞感で息苦しくなりがちな今。

自由になりたいひとに勇気を与えてくれる一冊。

私も、うんうんとうなずきながら、たくさん線を引いて付箋をつけました。

その中からひとつだけ紹介します。

 

学びとは学校を離れても続くものです。

 

この言葉にうんざりしちゃう学生さんもいるのかな(^^;)

でも、学びってほんとうはすごく楽しいものじゃないですか?